「いい社員を採用したい」「エンゲージメントを高めたい」

「社員が気持ちよく働ける場所を作って生産性を高めたい」

「緑を取り入れて、会社の全体的なイメージアップを図りたい」

 

近年、様々な理由でオフィス緑化に取り組まれる企業様が増えております。
しかしながら、やみくもに観葉植物を取り入れても、上記のような効果は見込めないばかりか、逆効果にもなりかねません。
室内緑化においても、その目的に合わせたデザインが必要になります。
デザインとは、 「目的を達成する計画を行い、実現化すること」です。

弊社は、草木や花の魅力を使って空間を美しく仕立てることにかけては自信を持っておりますし、一流の企業様や一流の方々から高評価を得ております。
しかし一方で、美しく仕立てるのは、できて当たり前、とも考えております。

お客様の課題は何か?緑化を手がける本来の目的は何か?
弊社のボタニカルスペースデザインは、そんなお客様の問題解決に向けて、
世界的アーティストであるマミ山本の
ボタニカル素材を活用したデザインとアイデアにより
スタッフやお客様・患者様が「自宅に帰りたくなくなる」
そんな上質な空間に仕立てていきます。

 

サービスの特徴

世界的アーティストによるアートデザイン

デザイナーに世界的アーティストであり、一流企業からも指名を受けているマミ山本先生を起用し

アート性のある「貴社らしさ」を表現した空間デザインによって、見る者に強いインパクトを与えます。

観葉植物はリラックス効果を与えてくれたり、物事を明晰に考えられるようにする効果があると言われています。

*フェイクグリーンでも近しい効果があるというデータがあります。

しかし、せっかく手がけた室内緑化がガッカリされるようなものであっては、逆効果になりかねません。

またアートに関しても、鑑賞することによって血圧を下げることや、不安や抑うつの兆候を改善させ、他者との繋がりを促進し、幸福感や生活満足度などメンタル面でのポジティブな影響があると、近年の研究で量的に示されつつあります。

弊社は、マミ山本先生の知識・経験・技術・創造力によって、ボタニカルの価値にアートの価値を組み合わせていくことにより、両者の持つ効果を発揮するデザイン性・アート性の高い装飾を提供しております。

ハイブリッドデザイン

フレッシュ(生)とフェイク(人工物)、グリーンとフラワーなどを

その場所の雰囲気や目的に応じて使い分け空間プロデュースしております。

状況に応じて、上質な空間にしていくためのオブジェ制作や

定期的な訪問生け込みサービスも手がけております。

ハンドメイド

使用するフェイクグリーンは、全て最高品質のものです。

その素材を1点1点手織りのようにして制作していきますので、自然な風合いを出していくことで、上質な空間に仕立てていきます。

壁面装飾や天井吊り下げ装飾の場合、施工費やメンテナンスの手間などのこと考えて、弊社はフェイクグリーンを推奨しております。

*ご要望に応じて、フレッシュでも対応できます。

弊社が使用するフェイクグリーンと造花は非常に精巧にできており、少し遠くにいると、生の植物と見分けがつかないほどです。

しかし、せっかくの良い素材であっても、機械的に装飾してしまってはチープな印象を与えてしまったり、人工的で無機質な味気のないもになってしまいがちです。

そこで弊社では、素材を1点1点手編みのように装飾し、できるだけ自然を感じることができるようにしていきます。

サービスメニューに関して

プレミアムデザインサービス

•「企業のイメージアップ」「生産性の向上」「採用力の強化」「商談の円滑化」「来店・リピート促進」などを目的として、フェイクグリーンを使った壁面装飾の他、観葉植物のコーディネート、オブジェ制作、生花による生け込みなどを複合的に組み合わせていき、オフィス・ショップ・クリニックなどの空間全体を、既視感のない完全オリジナルのデザインでトータルに磨き上げていくサービスです。

•ご予算目安:100万円~

スタンダードサービス

•21種類のセミオーダータイプのボタニカルインテリアによって、室内緑化を手がけていくスタンダードなサービスです。

•ご予算目安:20万円~

美緑ウォール

•企業のビジョンやそこに至るまでのストーリーを明確化し、そのストーリーを抽象化した壁画をフェイクグリーンや造花を使って制作し、会社の魅力を社内外に発信していきながら、採用力や定着率を強化していくための弊社オリジナルのブランディングサービスです。

お客様の声 ~東京国際クリニック様~

副医院長 宮崎先生

スクリーンショット (1593)

待ち時間が長い受付で、グリーンが少しでも目に入る事で、気持ちが落ち着くように思います。日々の診療の中でも「免疫力を高めるためには森林浴が大切」とご指導させていただいていますが、今なかなか都会の方が郊外に出掛けにくい状況です。造花でも充分心が安らぐと感じますし、むしろ、植物アレルギーのある方もいらっしゃいますので、待ち時間が長い受付には造花のグリーンが最適でした。コロナ禍で、人との距離ができてしまいがちな医療現場ですが、ボタニカルの力で少しでも気持ちが寄り添えると感じています。医療現場において、ボタニカルアートは患者様に元気を与えたり、心穏やかにしたりと良い効果を生み出しています。医療現場ではどうしてもクレームも起こりがちなのですが、装飾していただいた後はクレームが減少し、その内容も柔らかくなっていったのも助かっています。